FC2ブログ



そして、二日目。いよいよ広島菓子博。

まず、人の多さに愕然。僕は、前回の姫路の菓子博の時は行ってませんので(当時、種新には勤めてませんでしたので笑)、こんなに多いものかと、驚いたのが正直な感想です。

DSC00324.jpg

まず、全国の和菓子職人による工芸品が展示してある、お菓子テーマ館へ。

DSC00326.jpg


全国の和菓子職人の工芸品、一つ一つが素晴らしかったです。
写真撮影が館内禁止でしたので、撮影はできませんでした。

次に、当社が出展している全国お菓子めぐり館へ行き、滋賀県のコーナーへ。
とりあえず滋賀県コーナーの写真をアップ

DSC00332.jpg

DSC00333.jpg

DSC00328.jpg

そして、当社も出展致しました。

DSC00329.jpg

また、いろいろ散策をしていますと、ふと目に入ってきた食べ物がありました。
それがこちら
DSC00340.jpg

そして、こちらがそのお店で販売していた「世界遺産スペシャル」

DSC00339.jpg

まず一番に目に飛び込んでくる広島原爆ドームの最中種。

原爆ドームの最中種は、初めて見ました。

地産地消と言いますか、その地方地域にあった最中種があるんだなと、まず一つ見た目から勉強させて頂きました。

そして食べていくと、まずしつこくない三種のジェラート。

さっぱり・あっさり。そしてさらに食べ進めると


なんと!!!



コーンフレーク上に粉砕された最中種


写真はこちら
DSC00338 b


これは衝撃でした。
本来のアンコを挟む、器としての概念ではなく、フレークのような形で使う。
食べ進めると、ジェラートの水分で若干餅のような食感になっており、非常に美味しかったです。
また最後に最中種を食べることにより、後味もすっきり。アイスのしつこい後味もなくなっていました。

これは、大変勉強になりました。


この菓子博を通し、感じた事は、まず菓子・和菓子に対しての人々の関心は、しっかりあるのだと、目に見えて実感致しました。伝統的なものが、縮小傾向にあると言われる昨今ですが、和菓子というカテゴリーは拡大していっていると実感致しました。
そして、和菓子業界が、今の時代のニーズ、古くからある伝統を大切にしつつ、新しい物作りをしていこうという姿勢が、菓子博全体から感じました。
僕自身も、1人の和菓子に関わる人間として、新しい物や、伝統工芸の物、より良い物作りをする意識を常日頃から持つべきだと、改めて再認識致しました。

菓子博に関わった全ての皆様、ありがとうございました。


スポンサーサイト



  1. 2013/05/13(月) 15:56:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<配達 | ホーム | 広島菓子博・社員研修旅行 1日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taneshin.blog137.fc2.com/tb.php/56-8636341d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)